黒田 日米通算2000Kも自身3連敗、5敗目

[ 2013年6月9日 06:00 ]

<マリナーズ・ヤンキース>力投も7回途中降板となったヤンキース・黒田

ア・リーグ ヤンキース1―4マリナーズ

(6月7日 シアトル)
 ヤンキースの黒田が6回1/3を4失点で5敗目を喫した。

 1―0の4回2死二塁から7、8番への連続四球で満塁にされ、一挙4失点。自身3連敗となり「(四球は)1つ目は仕方ないにしても2つ目。1点を守りにいって大量点を取られた」と猛省した。最近4試合で援護はわずか3点。この悪循環が投球を苦しくさせている背景もある。2回には日米通算2000奪三振を達成したが「長くやれば数字は付いてくる」と淡々と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月9日のニュース