糸井 球宴投票パ最多“御礼”2二塁打「最終発表ですか?」

[ 2013年6月4日 06:00 ]

<オ・広>8回無死、オリックス・糸井はこの日2本目の二塁打を放つ

交流戦 オリックス5-1広島

(6月3日 ほっと神戸)
 最大「9」あった借金を1カ月足らずで完済した。交流戦前に上昇気流に乗ったオリックスが、借金生活転落直後を除けば挑戦4度目で4月22日以来、42日ぶり勝率5割復帰を果たした。

 「あんまり5割、5割というのはどうかと思うけれどね。ただ、確かに交流戦の間に調子は上がってきたね。できれば交流戦中に2つでも3つでも貯金をしたいね」

 オリックス・森脇監督にしてみれば、勝率5割は単なる通過点に過ぎない。

 勢いがついてきたチーム状況に合わせるように、うれしいニュースも飛び込んできた。この日、発表された球宴ファン投票中間発表で、糸井がパ・リーグ最多の2万5006票を集め、外野手部門トップに立った。両リーグを通じての最多得票は阪神・西岡に譲ったものの、オリックス移籍1年目でも衰えない人気ぶりを示してみせた。

 「最終発表ですか?(中間発表と聞くと)すぐに抜かされますよ。システムを知ってますからね」と、いたずらっぽく笑った糸井だが「頑張ります」と、ファンの期待の大きさは十分に理解している。

 この日は、前日に続き2試合連続のDH出場だったが、投票御礼とばかりに2本の二塁打でファンを魅了した。3点リードの6回に先頭で右翼線二塁打を放つと4点目のホームを踏んだ。1点を返された8回にも先頭で左越え二塁打し、ダメ押しのホームイン。ここぞという場面で存在感を示した。

 「2本ともいい感じで打てました。(勝率)5割復帰でチームの雰囲気はいい。やはり、借金があるよりいいですよね」

 痛めている右ヒザはまだ万全ではなくても、試合に出ている以上は、最高のパフォーマンスを追求する。それがファンに対して最高の恩返しとなるからだ。

 ▼オリックス・ディクソン(6回5安打無失点でチームトップタイの5勝目)低めにボールを集めることもできたし、ランナーを出しても粘り強く投げられた。

 ▼オリックス・平野佳(球宴ファン投票の抑え部門で首位発進)すごく光栄なこと。そういう目でファンの人から見てもらえているんだな、と思います。選ばれて出場できることになれば素直にうれしいです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月4日のニュース