早大・小野田が5打点 プロ注目の白村をKO

[ 2013年6月2日 06:00 ]

<早大・慶大>5回表1死左越えソロホーマーを放った中村(左)。右は6失点の慶大先発・白村

東京六大学野球最終週第1日 早大8―4慶大

(6月1日 神宮)
 早慶戦1回戦が行われ、早大が8―4で慶大を下し、連敗を6で止めた。4番の小野田俊介外野手(3年)が初回の3ランを含む3安打5打点と爆発するなど、今季最多タイの12安打で先勝。慶大は今秋ドラフト候補・白村明弘投手(4年)が4回1/3を7安打6失点と崩れて4敗目を喫した。勝ち点を挙げた方が4位、落とした方が5位となる。

 早大の4番・小野田の一振りがチームを勢いづけた。初回1死二、三塁から甘く入ったスライダーを左中間スタンドに運んだ。今季最多2万6000人の大観衆の前で、右手を突き上げ「1打席目で突破口を開けた。4番の仕事ができた」と納得の表情を浮かべた。3、7回にも適時打を放ち3安打で、打率を・436まで伸ばしてリーグ3位に浮上。・488でトップの法大・大城戸を、2日の2回戦で逆転するには4打数4安打以上が必要となる。「相当固め打ちしないといけないので正直無理かなと思う」としながらも「一打席一打席、試合に勝つように頑張っていきたい」と初タイトルへ意欲を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月2日のニュース