ヤクルト 新助っ人右腕は捕手でドラフト指名の異色選手

[ 2013年5月31日 06:00 ]

1軍に初合流し、1メートル67の石川(左)と談笑する1メートル98のヤクルト・ラルー

 ヤクルトの新外国人ラルーが1軍に初合流。

 6月2日のロッテ戦(QVCマリン)で先発デビューが決まった最速159キロ右腕は、高校時代に捕手としてレイズにドラフト指名された経歴を持つ。小川監督は捕手としての起用には否定的ながら、26日のイースタン・リーグ西武戦(上尾)では初安打初打点も記録するなど打撃もお手のもの。二刀流助っ人は「チームの勝利に貢献したい」と緊急事態では捕手での出場もいとわない。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年5月31日のニュース