ロッテの古谷 2軍のDeNA戦でノーヒットノーラン!

[ 2013年5月30日 21:37 ]

 ロッテの古谷拓哉投手(31)が30日、平塚市の平塚球場で行われたイースタン・リーグのDeNA戦で無安打無得点試合を達成した。イースタンでは史上22人目で23度目。四球と失策による2走者を出しただけだった。試合は2―0だった。

 内訳は三振10、内野ゴロ9(併殺1)、内野飛球1、外野飛球5。盗塁死1、球数は116球。古谷は駒大岩見沢高から駒大―日本通運を経て2006年にロッテに入団。1軍では昨年まで通算4勝。今季の1軍登板はない。

 古谷は「いつ上(1軍)に呼ばれてもいいように準備している。いい結果が出せてよかった。きょうは真っすぐがよかったので、リズムよく投げられた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月30日のニュース