ソフトバンク 寺原途中降板も救援陣奮投 巨人に連勝

[ 2013年5月30日 06:00 ]

<巨・ソ>6回、1死を取ったところで故障を訴えるソフトバンク・寺原

交流戦 ソフトバンク3-2巨人

(5月29日 東京D)
 3―2の6回、ソフトバンク先発の寺原が先頭・長野を右飛に仕留めたところで左腰を痛めて途中降板。

 この緊急事態で救援陣4人が1点リードを守り抜き、巨人に連勝した。9回は、この日背中痛で出場選手登録を抹消された守護神ファルケンボーグに代わって岩崎が登板。「今まで投げた投手の思いもある。小さい球場なので、低めに集めた」と3人で片付けてプロ初セーブを挙げた。チームは5月4日以来の貯金生活に入った。

 ▼ソフトバンク・長谷川(初回に決勝の4号3ラン)とにかく甘い球を1球で仕留めようと思った。今シーズンの中でも凄く納得の打球、スイングができた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年5月30日のニュース