×

法大主将 涙目「僕らが弱かった」開幕9連勝からの悪夢

[ 2013年5月29日 06:00 ]

<明大・法大>明大に敗れ優勝を逃した法大ナインはガックリ

東京六大学野球第7週最終日 法大2―3明大

(5月28日 神宮)
 法大ナインは試合後、ベンチからしばらく動くことができなかった。開幕9連勝で2季連続優勝にあと1勝としながら、その後に引き分けを挟んで2連敗。

 勝率で明大を上回りながら2位となった河合主将は「勝ち点制だから仕方ない。明治の粘りにやられた僕らが弱かった」と目を充血させた。神長英一監督は「最後の最後で打撃力が落ちた。失策うんぬんじゃない。その前に攻めないといけない」と悔やんだ。

 昨秋、44度目と最多優勝回数を更新した金光興二監督の指導法をめぐって選手から監督交代の嘆願書が出され、今季開幕5日前に神長助監督が昇格した。社会人野球で豊富な監督経験を持つ新監督は「調子のいい選手を使う」と平等方針を掲げ、チームの立て直しに成功した。河合主将は「いろいろあったが、応援してもらって感謝している。負けないチームにしていきたい」。この悔しさは秋に晴らす。

 ▼法大・大城戸(4打数無安打もリーグトップの打率・488)あと1本のところで打てない。それが今の自分。秋、頑張ります。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2013年5月29日のニュース