レッドソックスのビクトリノとミドルブルックスがDL入り

[ 2013年5月25日 09:39 ]

 米大リーグで上原、田沢の所属するレッドソックスは24日、右翼手のビクトリノを左太もも痛、三塁手のミドルブルックスを腰痛のため、15日間の故障者リスト(DL)に入れた。

 ビクトリノは今季34試合に出場して打率2割8分3厘、2本塁打、10打点、4盗塁を記録。ミドルブルックスは46試合で打率2割1厘、8本塁打、21打点をマークしていた。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年5月25日のニュース