西武 ミス響き1カ月ぶり零敗で3位に後退

[ 2013年5月22日 22:48 ]

交流戦 西武0―1広島

(5月22日 西武D)
 西武はミスが響き、4月20日以来の零敗を喫した。楽天に勝率で抜かれて3位に後退。渡辺監督は「ミスや四球が出た方が負ける確率は高くなる」と淡々と話した。

 6回は1死一、三塁で大崎が二ゴロを打って三塁走者がタッチアウト。さらに一塁走者のヘルマンも二、三塁間に挟まれ、併殺で好機をつぶした。このプレーで流れを失うと、直後の7回に決勝点を献上した。牧田が1回に打球を受けて降板する緊急事態を継投で乗り切ったものの、再三の好機で打線が応えられなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月22日のニュース