23勝のうち14勝が逆転!伊東監督「何なんでしょうね」

[ 2013年5月14日 22:35 ]

<巨・ロ>勝利を喜び合う伊東監督(中央)とロッテナイン

交流戦 ロッテ5-3巨人

(5月14日 東京D)
 こん身の一振りだった。一塁ベース上で何度もガッツポーズを繰り返したロッテ・根元は試合後、ヒーローインタビューで「気持ち出ちゃいました」と白い歯を浮かべた。

 8回、清田の右翼線適時二塁打で同点に追いつき、1死二、三塁で回ってきたこの日の第5打席。「ストライクがきたら何でも振ってやろう」と打席に入った。その言葉通り1ボールからの2球目。内角高めのシュートを叩き、中前へと転がした。

 勝ち越しの2点タイムリー。「少ないチャンスだったが、何とか勢いに乗って打つことができました」と根元。「ファンの皆さんのおかげです。ありがとうございます」と大声援に笑顔で応えた。

 中盤までの3点ビハインドをはね返した。今季23勝中、逆転勝ちは14度目。伊東監督は、その勝負強さの要因を聞かれると「何なんでしょうね」と頬を緩めながら「最後まで諦めない気持ちが、こういう結果につながっている」とナインを称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月14日のニュース