西武 4連敗でストップ ヤクルト戦3年越しの6連勝、岩尾初勝利

[ 2013年5月14日 21:36 ]

<ヤ・西>力投する西武2番手・岩尾

交流戦 西武4-3ヤクルト

(5月14日 神宮)
 首位ロッテを追う西武は、ヤクルトとの交流戦初戦。ともに連敗脱出を期しての一戦となった。

 試合は初回1点ずつを取り合って迎えた3回、ヤクルト5番岩村の3号2ランで勝ち越したが、西武は4回、6番坂田の左前適時打で追い上げ、5回には野選と4番オーティズの中前適時打で逆転に成功した。

 ヤクルトは7回無死満塁と西武の救援、坂元を攻め立てたがあと一本が出ず追い付けない。その後、西武はサファテ、大石とつないで逃げ切り連敗を4で止めた。西武はヤクルトに11年最終戦以来3年越しの6連勝となった。

 2番手の岩尾がプロ初勝利を飾った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月14日のニュース