阪神 5年ぶり7連勝ならず…オリックスに零封負け

[ 2013年5月14日 21:13 ]

<神・オ>力投する阪神・スタンリッジ

交流戦 阪神0―1オリックス

(5月14日 甲子園)
 阪神はオリックスに零封負けで連勝が6で止まった。

 初回に先頭の西岡が内野安打で出塁。四球で1死一、二塁としたが、4番マートンが空振り三振、5番・新井良も遊ゴロに倒れ先制機を逃した。その後はオリックスのディクソンの前に7回まで3安打に抑えられた。8回は2番手・佐藤達の前に3者凡退。9回も守護神・平野佳の前に無得点だった。

 投げては先発のスタンリッジが7回1失点と好投したものの、5回に坂口に決勝点となる右越えソロを浴び4勝目はならなかった。

 交流戦の初戦を落とした阪神。08年7月以来となる5年ぶりの7連勝はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月14日のニュース