PR:

63年前の新人初打席初球本塁打男は1打席限りで引退

<ロ・楽>3回、先頭のロッテ・加藤は初球を右越えにソロ

パ・リーグ ロッテ5-4楽天

(5月12日 QVC)
 ロッテのドラフト4位・加藤翔平外野手(22)が12日、楽天戦でプロ初打席となった3回の初球を右翼席へ運んだ。初打席初球本塁打は史上7人目で、新人では1950年の塩瀬盛道(東急)以来63年ぶり2人目。63年前に同記録を達成した塩瀬は、この打席限りでプロ生活を終えた。

 1950年5月11日の対大映(現ロッテ)9回戦、18点リードされた5回2死から蔦文也(後に池田高監督)に代わり登板を果たすと三振を奪い、投手デビューを飾る。続く6回に回ってきた打席は初球をとらえ右翼席へ本塁打。投打ともに理想的な滑り出しを見せたかと思いきや、その裏は1死も取れず2安打5四球自責点2で降板した。

 この試合で投手失格の烙印を押された塩瀬はその後出場機会がないまま引退。打者としては1打数1安打1本塁打で打率10割、長打率40割と理論上最高の数字を残している。

[ 2013年5月13日 08:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月22日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム