阪神 逆転勝ちで初の6連勝 桧山が代打で100打点記録

[ 2013年5月12日 17:52 ]

8回1死三塁、阪神・新井は左越え2ランを放ちガッツポーズ

セ・リーグ 阪神4―2ヤクルト

(5月12日 松山)
 阪神が逆転勝ちで連勝を今季初の6に伸ばし、貯金を9とした。

 1点を追う8回、無死二塁でマートンの右前適時打で追いつくと、新井貴が左越え2点本塁打を放ち試合を決めた。8回途中まで2失点でしのいだ能見に3勝目が付いた。9回に代打で登場した桧山が中前適時打を放ち、代打での100打点を記録。代打安打数も150本となった。

 ヤクルトが先発八木の粘りの投球で阪神を無得点に抑え、リリーフ陣に託したが2番手の松岡が打ち込まれた。8回に水田が7年ぶりの本塁打を放ち1点差にしたが及ばず4連敗で借金は6になった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年5月12日のニュース