菅野 被安打11も5勝目「人生で一番打たれた」

[ 2013年5月12日 06:00 ]

<D・巨>5勝目を挙げ笑顔で長野(右)を迎える巨人・菅野(中央)

セ・リーグ 巨人5-4DeNA

(5月11日 H新潟)
 自身初の2桁被安打となる11安打を許し、4失点ながらリーグトップタイの5勝目。巨人・菅野は複雑な表情で帰りのバスに乗り込んだ。

 「チームが勝って連敗が止まったことだけは良かった。自分は反省するところしかない」。前夜18安打12得点の猛打を奮った相手打線に「きのうの試合は四球が絡む失点も多かった」といつも以上に制球を重視。だがストライクゾーンにボールを集めすぎる結果となり、初球から振ってくる相手の餌食となった。

 打線が3―2と逆転した直後の6回には、多村に逆転2ランを浴びた。これで勝負ありかと思われたが、味方打線が再逆転。「人生で一番打たれたと思う。それでも勝てたのは何かある。きょうだけは“持っていた”ということじゃないですかね」と淡々と振り返った。

 ▼巨人・原監督(苦しみながら5勝目の菅野に)あそこ(6回)は(無失点で)投げ切らないといけない。(ただ)まだ入ってきたばっかり。実績がたくさんある人ならどうだこうだというのはあるかもしれない。彼の一歩が足跡になっているわけだから、われわれがまだまだそういう評価はできない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月12日のニュース