糸井 登録抹消も…T―岡田&馬原は1軍目指し奮闘中

[ 2013年5月8日 06:00 ]

 3日のロッテ戦で右ひざを痛めたオリックスの糸井嘉男外野手(31)が7日、神戸市内の病院で精密検査を受けた。検査結果は、8日に正式発表される。

 最悪、出場選手登録を抹消される可能性もある。また、左太もも裏の張りで、2軍調整中のT―岡田外野手(25)が14日のウエスタン・阪神戦(甲子園)で実戦復帰する。この日から2軍練習に合流。「しっかり治したい。1軍も気になるが、打撃も中途半端な状態では迷惑が掛かる」。3月に「右鎖骨下における腕神経叢(そう)の炎症」で離脱した馬原孝浩投手(31)はすでに70メートルの距離でのキャッチボールを再開している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月8日のニュース