心配だった安倍首相「長嶋氏がファウルするんじゃないかと」

[ 2013年5月7日 10:47 ]

 安倍晋三首相が7日の閣議前の懇談で、長嶋茂雄、松井秀喜両氏への国民栄誉賞授与式後の始球式で自らが球審を務めたことを話題にし「長嶋氏がファウルするんじゃないかと心配になった」と同席した閣僚を笑わせる場面があった。

 5日の始球式では、松井氏が投げたボールを、長嶋氏が左手だけでバットを握り空振りした。

 閣僚から「長嶋さんは打つつもりだったんですかね」「ボールが来たから本能的に振ったのでは」などの声が上がると、首相は「あれは打つつもりだったんだよ」と応じ、「(球審なのだから)『ストライクと言え』と言われた」とエピソードも紹介した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月7日のニュース