李大浩失策で決勝点 守乱から一挙7失点

[ 2013年5月7日 06:00 ]

プロ野球 パ・リーグ オリックス3-10楽天

(5月6日 Kスタ宮城)
 決勝点はオリックス・李大浩の失策で与えた。3―3の8回、1死満塁で銀次の当たりは一塁への高いバウンド。ジャンプして捕球しようとした李大浩が落とし、決勝点となった。

 捕球できていれば「本塁に投げるつもりだった」というが、落球で焦り、1つのアウトも取れない最悪の形に。この回は結局7点を失い、「アウトを1つでも取っていれば1点で防げたかもしれない。責任を感じる」と肩を落としていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月7日のニュース