谷繁2000安打は最遅ペース、最年長、最長記録

[ 2013年5月7日 06:00 ]

<ヤ・中>6回無死、右前打を放ち2000本安打を達成した谷繁(左)に、和田(右)とともに花束を渡しに行く宮本

プロ野球 セ・リーグ 中日3-7ヤクルト

(5月6日 神宮)
 谷繁(中)がヤクルト戦の6回に押本から右安打を放ち、通算2000安打を達成した。

 プロ野球44人目。初安打は大洋時代の89年4月11日広島戦(横浜)で川口から放った左安打。なお、捕手では野村(西)、古田(ヤ)に次いで3人目。通算2803試合目での到達は大島(日)の2290試合目を上回る最も遅いペース。また42歳4カ月での到達は宮本(ヤ)の41歳5カ月を11カ月抜く最年長、実働25年目も田中(日)の22年目を上回る最長記録。

 ≪2日連続は初めて≫谷繁は前日(5日)の中村に続く達成。過去2000安打を記録した選手で最も間隔が短かったのは昨季の稲葉(4月28日)、宮本(5月4日)の中5日間。2日連続は初めてとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月7日のニュース