十亀1安打完封 わずか100球でハム料理

[ 2013年5月7日 06:00 ]

<西・日>1安打完封した十亀

プロ野球 パ・リーグ 西武1-0日本ハム

(5月6日 西武D)
 西武・十亀はわずか1安打の100球で完封勝利。リーグトップタイの4勝だが、3勝は日本ハムからのマークとなった。「出来過ぎ。気づいたら1安打しか打たれていなかった。荒れたけど真ん中にいかなかったのが良かった」。

 洞察力が光った。4回無死一塁。西川に初球を投じる前にけん制を2度した。一塁走者は初回に二盗を許した陽岱鋼(ヨウダイカン)。「何かおかしい」。3回守備で飛球を追いかけ中堅フェンスに右肩を激突していた。「刺せる」と確信に変わった。1ボール1ストライクとなって女房役・炭谷から3度目のサインが出た。2度、一塁を見やって投げた。

 つり出された陽岱鋼は一、二塁間で挟殺。十亀も「あれが一番大きかった」と振り返った。前日の菊池と2戦連続完封となった。今季チームの7完投のうち、菊池と十亀で4完封というのだから頼もしい。

 ▼日本ハム・中田(十亀の前に連続試合安打は9でストップ)やはりいい投手。右打者にはあのスライダーがいい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月7日のニュース