最年長、最長…谷繁の2000本は“更新ラッシュ”

[ 2013年5月6日 20:33 ]

<ヤ・中>6回無死、右前打を放ち2000本安打を達成した谷繁は、記念のボードを掲げファンの歓声に応える。右は花束を渡した宮本
Photo By スポニチ

セ・リーグ 中日―ヤクルト

(5月6日 神宮)
 中日の谷繁が2000本安打を達成。最年長、最長など“更新ラッシュ”となった。

 42歳4カ月での達成は最年長(従来の最年長は12年5月に達成したヤクルト・宮本の41歳5カ月)、2803試合目、25年目も最長での数字(従来の最長は90年8月に達成した日本ハム・大島の2290試合、大島ら3人の22年目)。捕手では南海などで活躍した野村、ヤクルトの古田以来3人目の偉業となった。

 また、通算打率・243は日本ハム・田中の・262を抜き最低。安打数が3桁に乗ったのも昨年までの24年間で8度だけだが、コツコツと安打を積み重ねて記録を達成した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年5月6日のニュース