ロペス、値千金の本塁打「こういう日に勝利できてうれしい」

[ 2013年5月5日 20:43 ]

セ・リーグ 巨人1―0広島

(東京ドーム)
 巨人のロペスが7回に8号ソロで均衡を破った。原監督が「まさに値千金」と称賛した決勝打。前の2打席は速球中心で攻められて凡退しており「真っすぐを狙っていた」という。初球の高めに浮いた142キロを打ち損じることなく、左翼席に運んだ。

 試合前には米国時代に対戦経験がある松井氏と言葉を交わしたそうで「僕のことを覚えてくれていてうれしかった。打点を稼ぐ選手で怖かった。こういう日に勝利できてうれしい」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月5日のニュース