藤浪、黒星はつかなかったけど…甲子園で初敗戦

[ 2013年5月5日 19:06 ]

ヤクルト戦に先発し、7回3失点の阪神・藤浪

セ・リーグ 阪神5―7ヤクルト

(5月5日 甲子園)
 阪神の藤浪は7回まで4安打で自己最多タイの3失点だった。2敗目こそ免れたが、春夏連覇した大阪桐蔭高時代を通じ、自身が登板した甲子園で初めてチームが敗れ「自分がしっかり投げていれば勝っている試合」と悔やんだ。

 最速152キロ、4回までは1安打だったが、5回に乱れた。1死三塁から森岡に高めの直球を適時打されて甲子園初失点を喫すると、続く中村にはど真ん中のカットボールを2ラン。下位打者に痛打され「粘り切れなかった」と反省した。

 一方で6、7回は三者凡退と立て直し、奪三振も自己最多に並ぶ7。「球威は後半でも落ちない状態になってきた」と97球に収穫も挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月5日のニュース