武田、痛恨の押し出し「粘りきることができませんでした」

[ 2013年5月5日 18:35 ]

6回、ロッテ・清田に押し出し四球を与えたソフトバンク・武田

パ・リーグ ソフトバンク1―2ロッテ

(5月5日 ヤフクオクD)
 ソフトバンクの武田は7回を2失点と及第点の投球だったが、援護に恵まれず2敗目となった。速球の走りが良く、今季最多の124球を投じ「調子も悪くなかった」と振り返る。

 惜しかったのは、同点で迎えた6回。無死一、三塁からホワイトセル、今江を連続三振で2死までこぎつけたが、そこから制球を乱して連続四球、押し出しで勝ち越し点を与えた。「どうしても粘りきることができませんでした」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月5日のニュース