内海 エースの貫録「今日という試合は絶対負けれない」

[ 2013年5月5日 17:11 ]

セ・リーグ 巨人1―0広島

(東京ドーム)
 無失点で3勝目を挙げた内海は、「行けるところまで思い切って投げました」と初回から全力投球。終わってみれば8回を被安打4、四死球2とエースの貫録を見せつけた。

 試合前には長嶋、松井の両氏が国民栄誉賞を受賞するセレモニーが行われた。偉大な先輩が見守る中での登板に「子どもの頃から見ていたお二人なので、今日という試合は絶対負けれないという気持ちは強かった。一番緊張しました」。重圧にも負けず見事に結果を出した。

 原監督は、先制したロペスの本塁打を「正に値千金」と絶賛。「1―0で勝つことが出来たのは我々の中でも花を添えることが出来た」と誇らしげに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月5日のニュース