大嶺 3年ぶりの勝利 目に涙「いろいろな人に支えてもらった」

[ 2013年5月5日 16:42 ]

3年ぶり勝利のロッテ・大嶺

パ・リーグ ロッテ2―1ソフトバンク

(5月5日 ヤフクオクD)
 ロッテ先発の大嶺が5回1/3を4安打6三振2四球で、1040日ぶりの白星を手にした。

 2年ぶりの1軍マウンドとなった前回は、6回0/3を投げ4安打2失点と好投するも、打線の援護に恵まれず、黒星となった。その時と同様に低く投げることを意識して低めに集めた。「ピッチャーは打たれるものだと言い聞かせて、テンポ良く投げることができた」と振り返った。

 インタビュアーから1040日ぶりの勝利を告げられると、大きな瞳に涙をため「いろいろな人に支えてもらったので、その人たちのおかげで今があると思うので、感謝しています」と言葉を詰まらせた。

 「チームのために一生懸命頑張るので、応援よろしくお願いします」とファンに誓った右腕は、チームの更なる飛躍にかかせない存在となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年5月5日のニュース