松井秀喜氏 国民栄誉賞受与式「光栄だが、同時に恐縮」

[ 2013年5月5日 13:56 ]

国民栄誉賞授与式を前に行われた引退セレモニーで、長嶋茂雄氏とともに場内一周しファンの声援に応える松井秀喜氏

 巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(77)と巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(38)への国民栄誉賞の授与式が5日、東京ドームで行われた。

 安倍晋三首相(58)から松井氏には「日米両国の多くの国民から愛され、世界中の人々に明るい夢と希望ほ与えた」と言葉をかけられた。

 松井氏は受賞について「光栄ではありますが、同時に恐縮しております」とあいさつ。その理由について、先んじて国民栄誉賞受賞の王貞治ソフトバンク会長、(元広島の)衣笠祥雄氏のように世界記録を達成したわけでもなく、長嶋氏のように国民を熱狂させたわけでもないからだと説明した。

 しかし、自分に誇れるのは日米でプレーし「素晴らしいファンに恵まれたことです」と続けた。そして、今後は「偉大なる3人の背中を追いかけ、日本の野球の、国民の皆様の力になれるよう努力していきたいと思います」「すべての方々に感謝の言葉を捧げたい」と受賞の喜びを語った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月5日のニュース