青木 5連続出塁 同点スクイズもブ軍4連敗

[ 2013年5月5日 08:53 ]

カージナルス戦の5回、中前打を放つブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ6―7カージナルス

(5月4日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの青木は4日、ミルウォーキーでのカージナルス戦に「1番・右翼」で出場し、8回に一時同点となるスクイズを決めるなど、2打数2安打1打点と活躍した。

 青木は初回、中前打で出塁し、2番セグラの2点本塁打で生還。その後死球、中前打、死球と連続で出塁。8回には1死一、三塁でスクイズを敢行。捕手がつかみ、三塁走者にタッチに行ったが、間一髪セーフ。青木は一塁に出塁し、打点1を記録した。

 しかし、9回にカージナルスは1点を奪い、再度リード。そのまま逃げ切った。カージナルスは4連勝、ブルワーズは4連敗となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月5日のニュース