森福 6日ロッテ戦初先発も 大隣腰痛、“中継ぎの顔”抜てき

[ 2013年5月5日 06:00 ]

<ソ・ロ>球場を後にするソフトバンク・森福

パ・リーグ ソフトバンク1-3ロッテ

(5月4日 ヤフオクD)
 ソフトバンクは中継ぎ左腕の森福が、6日のロッテ戦(ヤフオクドーム)でプロ初先発する可能性が高まった。

 今季12試合1勝1敗2ホールド、防御率6・30。3日西武戦(同)では自身初の満塁弾を浴びるなど、精彩を欠いていた。この日はベンチ入りメンバーから外れ、ブルペンで調整。秋山監督は「(森福は)休養じゃなく、調整だよ」と先発起用に含みを持たせた。当初、6日の先発を予定していた大隣が腰痛で回避。先発事情と森福を復調させるための1試合限りの代役先発となりそうだ。通算200試合目がプロ初先発となる7年目左腕は「あしたからスイッチを入れます」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月5日のニュース