イチロー トリックも一流「大きい球場に比べるとやりやすい」

[ 2013年5月5日 06:00 ]

<ヤンキース・アスレチックス>6回無死一塁、ドナルドソンの右フェンス直撃の安打を処理し返球、二塁で刺したヤンキースのイチロー

ア・リーグ ヤンキース0―2アスレチックス

(5月3日 ニューヨーク)
 ヤンキースのイチロー外野手(39)が3日(日本時間4日)、アスレチックス戦に日米通じて初めて「5番・右翼」で先発し、守備のトリックプレーで地元ファンを魅了した。

 6回無死一塁、右翼フェンス最上部を直撃したドナルドソンの飛球を背走せず、捕球体勢に入ったふりをした。そして振り向きざまにクッションボールを処理すると、反転して正確な二塁送球で打者走者を刺した。

 「本当は一、二塁で止めたかった」と一塁走者を惑わすことを狙っていた。右翼の奥行きが狭い本拠ヤンキースタジアムだからこそ、有効と考えたようで「大きい球場に比べるとやりやすい」。この頭脳的なプレーに、スタンドも沸いた。

 その後は1死三塁から1点を奪われたが、なおも2死二塁ではフライマンの右前打を処理したイチローは本塁へ矢のような送球。走者の本塁突入を思いとどまらせた。試合に敗れたが、今季4個目の補殺と失点を防いだ守備に、ジョー・ジラルディ監督は「イチローのプレー、送球は本当に素晴らしかった」と絶賛。打っては4回に左前打し、3試合連続安打をマークした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年5月5日のニュース