広島・梵 初球V打「どうしてもストライクが欲しい場面」

[ 2013年4月30日 06:00 ]

<神・広>9回、広島の梵は決勝の右前適時打を放つ

セ・リーグ 広島6―5阪神

(4月29日 甲子園)
 広島が9回に逆転した。1点を追うこの回、1死満塁から広瀬の三ゴロが失策を誘い同点。松山の左飛は好守に阻まれたが、梵の右前打で勝ち越した。3人そろっての初球攻撃だった。

 「どうしても1球目にストライクが欲しい場面。コントロールのいい投手だし、行ける球は行こうと思っていました」

 広瀬がこう振り返ると、梵も「いつも初球から行くつもりで打席に入っています。とにかく後ろにつなぐ気持ちだった」とニンマリだ。

 2連勝で借金は1。故障者続出の状況とはいえ、チーム状態は高いレベルを保っている。野村監督は「(初球攻撃の)指示は出していない。選手は消極的にならず、集中力を持ってやってくれた」とかみしめる。敵の守護神を攻略したこの勢いで、30日にも勝率を5割に戻してみせる。

 ▼広島・今井(8回2死二塁で登板し、今季初勝利)1勝は1勝なのでうれしい。あそこを確実に抑えられたことは今後に生きてきます。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年4月30日のニュース