新守護神・久保 不運の初黒星 拙守に足引っ張られた

[ 2013年4月30日 06:00 ]

<神・広>9回2死満塁、決勝点を許してぼう然とする阪神の久保(右から2人目)と藤井(左)

セ・リーグ 阪神5―6広島

(4月29日 甲子園)
 阪神の久保は運にも見放されて救援に失敗した。1点リードで迎えた9回から登板。1死二塁だった。菊池が放った打球は右中間へ飛んだ。阪神・久保が完全に打ち取った打球。しかし強風にも流されると、無情にも中堅手・大和と右翼手・福留の間に落ちた。

 「不運とかは関係ない。自分が応えられなかった。負けてしまったら意味がない…」

 最後まで自らを責めた。1死二、三塁とまさかのピンチ拡大。丸を敬遠四球で満塁策をとったが、広瀬の三ゴロを守備固めで出場した三塁手の坂が後逸した。そして梵に初球の速球を痛打されて勝ち越しまで許してしまった。4月5日の広島戦以来、今季2度目の失点。AFKの連続無失点もここで27回2/3で止めてしまった。安定感を増してきていた守護神も、味方野手の拙守には耐えられなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年4月30日のニュース