京大・前川 ミス帳消しのV打 さあ11年ぶり勝ち点だ

[ 2013年4月21日 19:50 ]

関西学生野球リ第3節第2日

(4月21日 わかさスタジアム京都)
 京大の前川が前日のミスを一振りで取り返した。8回1死一、二塁で初球のスライダーを左前に運ぶ決勝打。両手で拳を握りしめ「ガッツポーズはしないようにしてきたのに、自然と出てしまった」と白い歯をこぼした。

 20日の1回戦では10回に自らの悪送球で決勝点を与えた。「きのうの試合をつぶしてしまったから、今日は自分が決めたかった」と話し、2002年秋以来の勝ち点獲得に向け「今年の京大が違うところをもっとアピールしたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月21日のニュース