サヨナラ打の高城 初のお立ち台「初めてチームに貢献できた」

[ 2013年4月21日 19:15 ]

<D・中>延長12回2死満塁サヨナラ打を打った高城(中)はナインの手荒い祝福を受ける

セ・リーグ DeNA4―3中日

(4月21日 横浜)
 サヨナラ安打を放ったDeNAの19歳・高城は、初のお立ち台に初々しい笑顔を弾けさせた。「自分が決めるという気持ちで思い切りバットを振りました。初めてチームに貢献できて、すごくうれしかった」。

 これでチームは今季初の3連勝で5割に復帰。週明けからの上位対決に弾みがついた。中畑監督は若手の台頭に目を細めたが、6回1失点で勝ち星を逃した先発のベテラン三浦に話が及ぶと「7回の失点が誤算だった」と申し訳なさそうに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月21日のニュース