沖縄尚学、宮崎日大など8強入り 高校野球九州大会第2日

[ 2013年4月21日 18:22 ]

 高校野球の春季九州大会(第132回九州大会)は21日、宮崎県のサンマリンスタジアム宮崎などで2回戦の残り6試合を行い、昨秋に続く2季連続優勝を目指す沖縄尚学や宮崎日大、東海大五(福岡)などが8強入りした。

 沖縄尚学は左腕の比嘉が完封し、鹿児島情報を2―0で退けた。宮崎日大は選抜出場の尚志館(鹿児島)に7―2で快勝。日章学園(宮崎)に4―3で競り勝った東海大五は、22日の準々決勝で選抜16強の済々黌(熊本)とぶつかる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月21日のニュース