3年生部員、後輩42人の前髪切る 強豪女子硬式野球部で“指導”

[ 2013年4月21日 17:45 ]

 京都府福知山市の福知山成美高校の女子硬式野球部で、複数の3年生の部員が、指導として、1、2年生の部員42人の前髪をはさみで切っていたことが21日、同校への取材で分かった。同校は「行き過ぎた行為」として3年生を注意した。

 女子硬式野球部は昨年春の第13回全国高校女子硬式野球選抜大会で準優勝した強豪。校則で女子生徒の前髪が目にかからないように指導されていたほか、同部はプレーの妨げにならないように、自主的に前髪を切るルールがあったという。

 同校によると、今月9日夜、女子硬式野球部の寮で、寮生活する1年生27人と、2年生18人のうち42人が3年生に前髪を切られた。この日は入学式で1年生は入寮したばかり。翌日、髪形が不自然なことに同部の部長や監督が気付いた。3年生は「みんなで規則を守る一環だった」と話しているという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月21日のニュース