チーム6連勝も…無安打の青木「乗り遅れないようにしたい」

[ 2013年4月21日 12:17 ]

カブス戦の5回、遊ゴロ失策で一塁へ駆け込むブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ5―1カブス

(4月20日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの青木は20日、カブス戦に「1番・右翼」で出場し、4打数無安打だった。内容は左飛、二ゴロ、遊ゴロ失策、投ゴロで打率は2割7分7厘。

 チームは6連勝で勝率を5割に戻し、青木は「とりあえずこの位置にいるのが大事。自分も乗り遅れないようにしたい」と話した。

 自身は4打数無安打で8回の守備から退いた。投手交代に合わせたもので、けがなどはなく「まったく疲れていない。動き足りないぐらい」と元気そう。強い当たりだった3回の二ゴロや7回の投ゴロに手応えはあるようで「いつでも結果は欲しい。もっともっとレベルアップしていかなきゃと思う」と気持ちを入れ直していた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月21日のニュース