松井氏 アジア人成功者としてNYで講演「これ以上英語話したら…」

[ 2013年4月21日 10:19 ]

ヤンキースタジアムで講演する松井秀喜氏

 巨人や米大リーグのヤンキースなどで活躍し、昨季限りで引退した松井秀喜氏(38)が20日、ニューヨークのヤンキースタジアムでアジア系米国人や米国在住のアジア人に向けて講演した。

 米国で成功したアジア人の代表として講師に迎えられた松井氏は冒頭に英語で「米国で学んだことを皆さんに伝えたい」などと約2分間あいさつ。「これ以上英語を話したら倒れてしまう」と笑わせ、以後は通訳を挟んで話した。

 講演では渡米当初の心境について「アメリカに来てゼロからのスタートだった。自分の現状を受け入れ、ゼロから一歩ずつ進もうと思った」などと語った。

 松井氏は5月上旬に帰国し、東京ドームで国民栄誉賞の授与式に臨む。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月21日のニュース