ムネリン 黒田討ち左前打も「2回あれば2回出塁しないと」

[ 2013年4月21日 08:16 ]

ヤンキース戦の6回、黒田から左前打を放つブルージェイズ・川崎
Photo By スポニチ

ア・リーグ ブルージェイズ3―5ヤンキース

(4月20日 トロント)
 ブルージェイズの川崎は20日、ヤンキース戦に「9番・遊撃」で先発出場し、2打数1安打。内容は三直、左前打で、8回に代打を送られた。

 「黒田さんのようにいいピッチャーと対戦することは最初から分かっていたので、何とかして塁に出たかった。出るという強い気持ちで打席に入った」という川崎。3回は1死から黒田の85マイル(136キロ)のスライダーを打って三直。6回には2ボール2ストライクから低めの直球を左前に運んだ。

 それでも試合後は「2回あれば2回、100回なら100回出塁しないと」。チームが敗れたこともあり、悔しさをあらわにした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月21日のニュース