ヤクルト 左対策に右打者8人もわずか2安打…

[ 2013年4月21日 06:00 ]

プロ野球 セ・リーグ ヤクルト0-1阪神

(4月20日 甲子園)
 ヤクルトは左腕・小嶋対策として先発野手8人を全て右で並べたが、わずか2安打で、今季4度目の零敗を喫した。

 今季初めて畠山を4番から外して5番に下げ、3番・宮本、4番・バレンティンの新打順も機能せず、小嶋の前に沈黙。7回2死一、二塁の好機では、右の代打が手薄で左の岩村を起用し、一ゴロだった。今季最多タイの4連敗で、借金6。7回1失点と好投した石川を見殺しにする結果に、小川監督は「2安打では、石川に申し訳なかった」と貧打を嘆いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月21日のニュース