有原7回1死までパーフェクト 早大快勝発進

[ 2013年4月21日 06:00 ]

<東大・早大>7回を2被安打の好投をみせた早大先発・有原

東京六大学野球第2週第1日 早大6―0東大

(4月20日 神宮)
 1回戦2試合が行われ、早大が東大に6―0で快勝した。先発した有原航平投手(3年)は7回を2安打無失点の好投で、昨秋に続くチームの開幕戦勝利に貢献した。明大は山崎福也(さちや)投手(3年)が立大相手に7回を6安打2失点(自責0)で粘り、チームは5―3で逃げ切った。

 今春から早大のエースナンバー「11」を背負う有原が、7回1死まで完全投球を見せた。20人目の打者・飯田に右前打され、00年の上重(立大)以来、史上3人目の完全試合は逃したが「意識はしていなかった。いつかは打たれると思っていた。そこから切り替えた」と無失点で7回を投げ終えた。最速151キロの直球と100キロ台のスローカーブで緩急を生かし、無四球で7三振を奪った。昨秋に4勝を挙げた右腕は「5試合に投げたら5試合で勝ちたい」と目標を掲げた。岡村猛監督は「安定して投げてくれたのでベンチに落ち着きが出た」と納得の表情だった。

 ▼東大・浜田一志監督(2安打零敗で開幕3連敗)有原投手は凄すぎた。直球だけならまだしも、あのスライダーを交ぜられては…。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月21日のニュース