大谷ツーシーム披露「動かす球あった方がいい」

[ 2013年4月21日 06:00 ]

 右足首捻挫のため千葉県鎌ケ谷市で2軍調整中の日本ハム・大谷が、キャッチボールで新球ツーシームを披露した。

 「初めて投げます」と宣言して数球を試投。スライダー、カットボールなど右打者の外角に逃げる球はあるが、逆に内角に食い込む球種は持ち球にないだけに「普通に動かす球があった方がいいと思う」。患部に腫れは残るが、まずは4月中に野手で実戦復帰を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月21日のニュース