田島 もう11試合目…高木監督「田島でやられたらしようがない」

[ 2013年4月20日 19:15 ]

8回に逆転を許し、肩を落とす中日・田島

セ・リーグ 中日2―4DeNA

(4月20日 横浜)
 8回、中日は2―1で3番手の田島をマウンドへ送ったが、先頭から四球と安打、敬遠気味の四球で無死満塁のピンチを招き、ラミレスに同点打を浴びた。さらに2死後、代打梶谷に2点二塁打を許した。

 高木監督は「田島でやられたらしようがない」と語ったが、17日に中継ぎとしては異例の3回2/3を投げ、19日も登板していた。20試合を消化して、すでに11試合に登板している。「使ってもらえるだけありがたい」と語るものの、疲労があったことは否めない。また、2番手で先発陣のブラッドリーをつぎ込んでいた。まだ4月、かつての投手王国はシーズン序盤にして、すでに終盤のような投手継投を見せている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月20日のニュース