カブス 尚成に戦力外通告、現役続行希望「野球人生は終わりでない」

[ 2013年4月17日 07:50 ]

カブスから戦力外を通告された高橋

 米大リーグ、カブスは16日、高橋尚成投手(38)に戦力外を通告し、大リーグ契約の40人枠から外したと発表した。

 高橋は「自分の野球人生はこれで終わりではない。今後どうなるかは分からないが、野球は続ける」と現役を続行する意向を示した。今後はトレードや自由契約、マイナー契約でのカブス残留などの選択肢がある。プロ野球ソフトバンクでもプレーした右腕のローらが昇格した。

 高橋はマイナー契約で臨んだ米国4年目の今季、キャンプで好結果を残しメジャー昇格を勝ち取った。今季は3試合に登板し、勝ち負けなしの防御率6・00。大リーグ通算成績は168試合で14勝12敗10セーブ、防御率3・99。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月17日のニュース