アストロズ歴史的1勝 リーグ移転初戦で通算4000勝

[ 2013年4月2日 06:00 ]

<アストロズ・レンジャーズ>全米開幕戦に勝利し、大盛り上がりのアストロズファン

ア・リーグ アストロズ8-2レンジャーズ

(3月31日 ヒューストン)
 大リーグは31日(日本時間4月1日)、アストロズ―レンジャーズ戦で開幕。今季、ナ・リーグ中地区からア・リーグ西地区に移ったア軍が、リック・アンキール外野手(33)の代打3ランなどで快勝し「テキサス対決」初戦を制した。レ軍は、2日(同3日)の第2戦に先発するダルビッシュ有投手(26)が会見を行った。1日(同2日)は12試合が行われ、本格的に開幕する。

 アストロズが歴史的1勝を挙げた。チケットは完売。4万1307人が詰めかけたミニッツメイド・パークは大歓声に包まれた。これが球団通算4000勝。新たな名物となる「テキサス対決」に先勝したボー・ポーター新監督は「偉業を達成できた」と頬を緩めた。

 試合を決めたのは、「元二刀流」のアンキールだ。4―2の6回2死一、二塁から代打で登場し、右翼席に1号3ラン。「信じられない。入った瞬間、きょうは勝ったと確信したよ」と興奮気味に語った。投手として97年ドラフト2巡目でカージナルスに入団。00年は11勝を挙げながら、代打でも起用されるなど2本塁打を放った。06年から外野手に転向した33歳は招待選手からメジャー昇格を勝ち取り、開幕戦でヒーローとなった。

 2年連続で100敗以上を喫しているチームはリーグ移転を機にユニホームやロゴも一新。近年はプレーオフ常連のレンジャーズには水を空けられていたが、新たな船出を勝利に飾ったジェフ・ルノーGMは「今夜は歴史的な日だ。頂点を目指したい」と高らかに宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月2日のニュース