大谷150キロ!でも、監督「普通」1軍初フリー登板

[ 2013年3月1日 06:00 ]

打撃投手を努める日本ハム・大谷

 150キロ締めだ。日本ハムのドラフト1位・大谷翔平投手(18=花巻東)が沖縄・名護キャンプを打ち上げた28日、1軍では初となるフリー打撃に登板。打者2人に41球を投げ、安打性4本に抑えた。直球はプロ入り後最速の150キロを計測し、空振りを3度奪うなど圧倒した。野手としてのフリー打撃でも柵越え5本。二刀流挑戦で話題を集めたキャンプを最高の形で締めくくり、自己評価も満点をつけた。

 ゆったりとしたフォームだった。リリースの瞬間、大谷は1メートル93の長身を生かし、高い位置から投げ下ろした。鵜久森への18球目。外角への直球は低めに外れたもののプロ入り後の最速となる150キロをマークした。

 「最初は置きにいったけど、腕を強く振ったり、速い球の方がまとまっていた。左(今浪)には抜けた球が多い。右(鵜久森)にはこれまでより凄く良かったと思う」

 事前に球種を告げてから投げるフリー打撃で鵜久森、今浪のバットは捉えきれない。空振り3、見逃しストライク5、ファウル7。ストライク全26球中、前に飛んだのは安打性4本を含めて11球だけだ。2人は1軍通算100試合前後の経験がある。加えて今キャンプでの実戦でも好調な右と左の打者だ。首脳陣はあえて2人をぶつけたが、大谷は圧倒してみせた。

 栗山監督が「160キロ投げるんだから、150キロは別に普通」と淡々と振り返った。確かに最速160キロを誇る右腕にとって特別な数字ではないが、調整段階の2月末に簡単に出せる球速でもない。今浪が「速いし、でかい。1、2、3でガツンとやろうとしたら空振りしちゃった」と言えば、鵜久森も「ゆったりしたフォームでも腕の振りが速い。手元で凄く伸びる」と脱帽した。

 既に実戦デビューしている「野手・大谷」に比べて遅れ気味だった「投手・大谷」もペースアップ。順調に調整が進めば10日の教育リーグ・ヤクルト戦(鎌ケ谷)が初の実戦登板となる。黒木投手コーチも「僕が見た中ではきょうが一番力強かった。うまくいけば(実戦は)10日前後を考えています」と明かした。

 投球後にはフリー打撃を行い、41スイングで柵越え5本を含む安打性22本。投打で力強さを見せた。注目を集めた二刀流キャンプを締めくくり、自己採点の質問に「100点でいいんじゃないかと思います。ケガなくやれたし体力も向上した。反省はいっぱいあるけど反省点が出ればそれだけ成長できる」と答えた。

 今後は1軍を離れ、2日の花巻東の卒業式などのイベントを控えている。3日は教育リーグ・巨人戦(ジャイアンツ球場)に野手で出場し、新人お披露目イベントで一時的に1軍合流する6日の巨人戦(札幌ドーム)では代打で本拠地デビューする予定。二刀流への挑戦が本格化する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月1日のニュース