広島 野村監督 キャンプで手応え「底上げはできている」

[ 2013年2月27日 17:13 ]

 広島は1、2軍を含めてキャンプの全日程を終えた。この日、予定していたDeNAとの練習試合が雨で中止となり、室内練習後に総括した野村監督は「いいキャンプが送れた。菊池、安部、下水流ら若い選手が出てきて、いい状態になっている」と満足そうに話した。

 新外国人のルイスや、中日を戦力外になって加入した左腕の久本ら新戦力の動きも目立った。指揮官は「チームの底上げはできている」と手応えを感じていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月27日のニュース