中島 バット短く持った 3試合目で初安打「ああ良かった」

[ 2013年2月27日 09:41 ]

ダイヤモンドバックス戦の6回、オープン戦初安打を放ち、ウォーラー一塁コーチ(左)に祝福されるアスレチックス・中島

オープン戦 アスレチックス4―9ダイヤモンドバックス

(2月26日)
 アスレチックスの中島は26日、米アリゾナ州スコッツデールでのダイヤモンドバックスとのオープン戦に「2番・遊撃」で出場し、3打数1安打。オープン戦3試合目で初安打を放った。

 この日の2打席目まで6打数で5三振。初安打の右前打は2三振の後の6回3打席目に生まれた。オープン戦とはいえ、“メジャー初安打”に「打って走っているときに打球が抜けて、ああ良かったと思った。やっとストライクをちゃんと振れた。追い込まれたから短くバットを持った」と笑顔がこぼれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月27日のニュース