キューバ監督“失言” 準決勝進出できなければ「津波が…」

[ 2013年2月27日 06:00 ]

ほっともっとフィールド神戸での公式練習を終え、日本の報道陣に対応するメサ監督

 大失言だった。26日、ほっと神戸での公式練習後、WBCへの意気込みを問われたキューバのビクトル・メサ監督は「私たちの国民は負けることを知らない。しっかりとアメリカまで勝っていく。それ(準決勝進出)が実現できなければわれわれ指導者(監督、コーチ)はカタストロフィー(大きな破滅)。(日本に)津波が押し寄せたようなものだ」と自信満々に語った。

 ただの認識不足では済まされない。同監督は社会人野球シダックスに在籍した経験もある知日派。この日も「来日前と後では私自身も大きく変わった。順序よくやることの大切さを学んだ」と当時を振り返っていたが、11年3月11日に起こった東日本大震災の津波被害を引き合いに出したことは、批判されても仕方のない発言となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月27日のニュース