フェル2回1失点で「いい感じ」日本戦の先発も決定

[ 2013年2月27日 06:00 ]

<オリックス・ブラジル>2回を投げ1失点のブラジル先発・フェルナンデス

WBC強化試合 ブラジル2―6オリックス

(2月26日 京セラD)
 会見場に座ったブラジルの右腕フェルナンデス(ヤクルト)は流ちょうな日本語で「初めて投げたにしてはいい感じでしたね」と笑顔で話した。

 先発し、2回を1安打1失点。今月上旬、宮崎・西都でのヤクルト2軍キャンプで右肘違和感を訴え、再調整していた。本戦出場を決めた昨年11月のWBC予選・パナマ戦で6回無失点と好投をして以来の実戦登板だった。

 試合前の公式会見でバリー・ラーキン監督が3月2日の日本戦でのフェルナンデス先発を公表。当初はリエンゾを予定していたが、「来日が遅れ、長旅で体調面が心配だ」と変更。指揮官はフェルナンデスの愛称を「ブルドッグ」と紹介し「闘志豊かな、強い意志を持った投手」と期待した。

 昨年、プロ初勝利を挙げた右腕は「得意はカットボール。日本のトップ相手だから、より慎重にいく」と目を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月27日のニュース